ESOPONO FABVLAS.


421.     ESOPO NO XOGAI NO COTO.

01  te yte, vaga fiso(<) taixtni surumononi xocusaxeito i-
02  uarureba, Esop coreuo qiqi, nho>bo<no cotouo iuaru-
03  rutoua funbet xitaredomo, cano fitono Esoponi ata
04  rizamaga varu<te iyaximeraruruni yotte, docodega
05  nafenpo>uo xo>to vomoiyru jibunde attaniyotte,  
06  vorini saiuaigia: ima conotoqi fenpo>uo xeideua
07  izzureno toqifiuo mato<zoto vomoi, soratoboqe xi-
08  te cano zaxxo<uo motte Xanthono iyeni cayeri, Xan-
09  thono (i)canimo fiso< xeraruru coinuga attauo giochu<
10  nomayeni yobidaxi, cano zaxxo<uo sono inuni sona  
11  yete [cuuaxeba tadamo cuuaxei caxi] icanimo yo> qi-
12  qe, nangiuo Xanthono fuco<taixetni vomouaxeraru
13  rucotoua narabu cataga naizo: sono xo>coua corezo
14  to yu<te cuuaxe, yagate faxecayeri Xanthoni muco<te
15  vo>xeno gotoquni tcucamatcuttato fenjiuo xita to-
16  corode: Xantho iuaruruua: (s)(a)te soreuo voqetottecarana~
17  tomo soreua iuanandacato touarureba: naniuomo
18  mo<sucotoua gozanacattaredomo, cocorono vchi
19  niua ychidanto fucai gotaixetno fodouo yorocobu
20  teiga miyete gozattato mo<xita. Sate sono atoni gio- 
21  chu<ua cono cotouo tcucuzzucuto anjite netamino
22  cocoroga vocori, satemo qiocumo nai vaga tcuma
23  cana, inunimo vareuo vomoicayerarurucana, cano
24  chinbutuoba vareni coso vocurareo> cotoga fongui
gia    

421.     エソポ の 生涯 の こと。

01  て いて、我が 秘蔵(ひさう) 大切に する者に 食させい」と 言
02  わるれば、エソポ これを 聞き、女房の ことを 言わる
03  るとは 分別(ふんべつ) したれども、かの 人の エソポに あた
04  りざまが 悪うて 卑しめらるゝに よって、何処でが
05  な返報を しょうと 思いいる 時分で あったによって、
06  「折に 幸いぢゃ、今 この時 返報を せいでは
07  いづれの 時日(ときひ)を 待たうぞ」と 思い、空惚(そらとぼけ) し
08  て かの 雑餉(ざっしゃう)を 持って シャントの 家に 帰り、シャン
09  トの いかにも 秘蔵(ひさう) せらるゝ 小犬が あったを 女中
10  の前に 呼び出し、かの 雑餉を その 犬に そな
11  えて [食わせば ただも 食わせい かし] 「いかにも よう 聞
12  け、汝を シャントの 深う大切に 思わせらる
13  ることは 並ぶ 方(かた)が ないぞ、その 証拠は これぞ」
14  と 言うて 食わせ、やがて 馳せ帰り シャントに 向かうて
15  「仰せの 如くに 仕った」と 返事を した と
16  ころで、シャント 言わるゝは、「さて それを 受け取ってから何(なん)
17  とも それは 言わなんだか」と 問わるれば、「何をも
18  申すことは ござ無かったれども、心の 内
19  には 一段と 深い ご大切の ほどを 喜ぶ
20  体(てい)が 見えて ござった」と 申した。さて その 後(あと)に 女
21  中は この ことを つくづくと 案じて 妬みの
22  心が 起こり、「さても 曲(きょく)も ない 我が 夫(つま)
23  かな、犬にも 我を 思い換えらるゝかな、かの
24  珍物をば 我に こそ 贈らりょう ことが 本義
ぢゃ    
註: 
421.09 女中 妻のこと。

著作権はhanamaが有します。

目録 BACK   NEXT



広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー