ESOPONO FABVLAS.


426.     ESOPO NO XOGAI NO COTO.

01  tazzunureba, cono cotoua asacaranu fuxin gia fodo-
02  ni, xianou xite cotayo>zuruto yu<te iyeni cayeri, co
03  corouo tcucuite anzuredomo, sarani vaqimayuru mi
04  chiga nacattaniyotte, anjivazzuro<te yraruru teiuo
05  Esopo mite Xanthoni to>ua: nanigotouo anjisaxerare-
06  te canaximaxeraruruzoto iyeba, Xantho vare cono
07  fodo anjivazzuro< cotoua coregiato atte, cano yp-
08  penuo catatte, nangi coreuo vaqimayetacato iuaru-
09  reba, Esopo xicaraba cono satono quaixode vaga
10  ro<do> cono cotouo vaqimayetareba, (m)exijdaite vo-
11  toiareto vo>xerarei: soregaxi mo<xiateta naraba, xo
12  nin vonmiuo so>qio< itaso<zu: mo<xi moxi sonzuru-
13  tomo, vatacuxi ychininno fucacude coso gozaro<zu
14  reto iyeba, conogui mottomogiato atte Xantho to-
15  corono fitobitoni sonobun mo<sarureba, vonovono
16  vo>qini yoroco>de Esopouo mexiidasuni, sonozani tcu
17  ranaru fodono fito satemo corefodo minicui mono-
18  ua dococara det(a)zoto varaiyo<tareba, Esopo suco-
19  ximo vocuxita qixocumo no<, xoninno nacauo vo-
20  mezu fabacarazu, fumicoye fumicoye saxitouotte
21  co<zani nauori, tadaima vonovono vatacuxiuo aza
22  mucaxeraruru cotoua sono iuarega nai: yabureta
23  yxo<uo qita cunximo ari, varayano vchini qininno
24  zaxeraruru cotomo arumonoto iyeba, vonovono do<ri
gia-     

426.     エソポ の 生涯 の こと。

01  尋ぬれば、「この ことは 浅からぬ 不審 ぢゃ ほど
02  に、思案を して 答ようずる」と 言うて 家に 帰り、
03  心を 尽くいて 案ずれども、更に わきまゆる
04  道が 無かったによって、案じ煩うて いらるゝ 体を
05  エソポ 見て シャントに 問うは、「何事を 案じさせられ
06  て 悲しませらるゝぞ」と 言えば、シャント 「我 この
07  ほど 案じ煩う 事は これぢゃ」と あって、かの 一
08  遍を 語って、「汝 これを 弁えたか」と 言わる
09  れば、エソポ 「しからば この 里の 会所(かいしょ)で 我が
10  郎党(らうどう) この 事を 弁えたれば、召し出(い)だいて お
11  問いあれと 仰せられい、某(それがし) 申し当てた ならば、諸
12  人 御身を 崇敬(そうきゃう) いたさうず、もし 申し 損ずる
13  とも、わたくし 一人(いちにん)の 不覚で こそ ござらうず
14  れ」と 言えば、「この儀 尤ぢゃ」と あって シャント
15  所の 人々に その分 申さるれば、各々
16  大きに 喜うで エソポを 召し出(い)だすに、その座に
17 連なる ほどの 人 「さても これほど 醜い 者
18  は 何処から 出たぞ」と 笑い合(や)うたれば、エソポ 少
19  しも 臆した 気色(きしょく)も 無う、諸人の 中を お
20  めず 憚らず、踏み越え 踏み越え さし通って
21  高座に 直り、「ただいま 各々 わたくしを
22  欺かせらるゝ 事は その 謂れが ない、破れた
23  衣装を 着た 君子も あり、藁屋の 内に 貴人(きにん)の
24  座せらるゝ ことも あるもの」 と言えば、各々 「道理
ぢゃ」    
註:
426.12 mo<xi moxi まうし もし moxi mo<xi もし まうし (もし 申し) の誤り。

著作権はhanamaが有します。

目録 BACK   NEXT


広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー