ESOPONO FABVLAS.


440.     ESOPO NO XOGAI NO COTO.

01  vo>xerarureba, von v(m)ayani mexivocareta zo<yacu
02  ga Babiloniano comano ibo<uo qijte faro<de gozaru
03  gotoqu, cano necomo vo<fen tcucamatcuttato so>-
04  sureba: qidocuna to<ua giato atte canjisaxeraretato
05  mo<su.  
06    Cacute Egyptono teivo< coccano gacuxo<uo mexi-
07  te, Esoponi fuxinuo naxeto vo>xecudasaruruni yotte,
08  aru gacuxo< ychinin susumi idete to>ua: daigaranno
09  vchini faxira tada yppon atte, sono vyeni ju<nino zai
10  xoga aru; sono zaixono munaguiua sanju<giani, co-
11  no faxiracara nininno nho>bo< nobottcu cudattcu su-
12  ruua, nantoxita cotozoto iyeba, Esopo cotayete yu<
13  ua corerano fuxinua vareraga cuniniua vonago
14  varo<be nadono cuchizusamide gozaru: mazzu dai-
15  gara~toua, xecaino coto nari: ypponno faxiratoua ychi
16  nenno coto: ju<nino zaixotoua, ju<nitcuqino coto: san-
17  ju<no munaguitoua sanju<nichino coto: faxiracara ni
18  ninno vonnaga nobri cudari suru to yu<ua: chu<yano
19  cotoyoto mocusanmono< zattoyu<te daita.
20  Mata ychido>ni vonovono caquru fuxinniua, ten-
21  chi, fajimattecara concata, mada miqicanu monoua
22  nanzo? Esopoga mo<suua: soregaxi tadaima iyeni ca
23  yero<zu, sono itomauo cudasareito mo<xi, iyeni caye-
24  ri, Esopo yxxiuo totonoyete teivo<ye tate(m)a-
tcut-    

440.     エソポ の 生涯 の こと。

01  仰せらるれば、「御 厩に 召し置かれた 草駅(ざうやく)
02  が バビロニャの 駒の 嘶(いば)うを 聞いて 孕うで ござる
03  如く、かの 猫も 往返(わうへん) 仕った」と 奏
04  すれば、「奇特(きどく)な 答話ぢゃ」と あって 感じさせられたと
05  申す。
06    かくて エヂプトの 帝王 国家の 学匠を 召し
07  て、エソポに 不審を 為せと 仰せ下さるゝに よって、
08  ある 学匠 一人(いちにん) 進み 出(い)でて 問うは、「大伽藍の
09  内に 柱 ただ 一本 あって、その 上に 十二の 在
10  所が ある。その 在所の 棟木は 三十ぢゃに、こ
11  の 柱から 二人(ににん)の 女房 上(のぼ)っつ 下(くだ)っつ す
12  るは、何とした ことぞ」と 言えば、エソポ 答えて 言う
13  は 「これらの 不審は 我らが 国には 女(おなご)
14  童(わらうべ) などの 口ずさみで ござる、まづ 大
15  伽藍とは、世界の こと なり、一本の 柱とは 一
16  年の こと、十二の 在所とは、十二月(じゅうにつき)の こと、三
17  十の 棟木とは 三十日の こと、柱から 二
18  人の 女が 上(のぼ)り 下(くだ)り する と いうは、昼夜(ちゅうや)の
19  ことよ」と 目算も無う ざっと言うて 出(だ)いた。
20  また 一同に 各々 掛くる 不審には、「天
21  地、はじまってから この方、まだ 見聞かぬ 物は
22  何ぞ?」 エソポが 申すは、「某 只今 家に
23  帰らうず、その 暇(いとま)を 下されい」と 申し、家に 帰
24  り、エソポ 一紙(いっし)を 調えて 帝王へ 奉
った-      
註:
440.21 chi, web版、東洋文庫では、「,」を認めない。


著作権はhanamaが有します。

目録 BACK   NEXT


広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー