ESOPONO FABVLAS.


441.     ESOPO NO XOGAI NO COTO.

01  tcutta: sono cotouariua Lycero teivo<cara caraxe
02  rareta sanju<manguanno xacujo<de atta: teivo< core-
03  uo goro<jerarete vo>qini vodorocaxeraruru teide, xo-
04  xincani nang(i)raua conoguiuo mi qijta cotoga aruca-
05  to touaxerarureba, vonovono catcutemotte mi qica
06  nu cotode gozaruto, mo<xeba. sonotoqi Esopo xi-
07  caraba tadaimano gofuxinua sorevomotte firacete
08  gozaruto mo<xite: Esopoua itomauo co>te macarica-
09  yereba, sonominimo amatano tacarauo cudasare,
10  Babiloniayemo tacarano curumauo vocuri cudasare-
11  ta. Esopo coreuo vqetotte Babiloniaye cayeritcui-
12  te, Egyptocarano tacarano curumauo tatematcuri,
13  cano cunideno cotodomouo cuuaxu< so>mon sureba,
14  nanomenarazu yorocobaxerareta. Sononochi Esopo
15  Babiloniano teivo<ni itomauo mo<xi, xococu xuguio<
16  to cocorozaite, mazzu Greciano cunini yuite xonin
17  ni michiuo voxiye, vonajiqu sono cunino vchina
18  Delphostoyu< ximaye vatari, qeo>qe suruto iyedo-
19  mo, cono ximano fito acuguiacu buto<nixite, rifi
20  jenacumo qiqiirenandareba, cano ximauo zzuruni
21  nozo>de, ximagiu<no acunindomo xengui xite yu<ua:
22  Esopoua qicoyuru gacuxo< giani: cocouo satte vare
23  raga acumio<uo iuaba, cono ximano caqinde aro<-
24  zu: tada coroxeto yu<te, Esopoga nimotno nacani
vo<-         

441.     エソポ の 生涯 の こと。

01  った、その ことわりは リケロ 帝王から 借らせ
02  られた 三十万貫の 借状で あった、帝王 これ
03  を 御覧ぜられて 大きに 驚かせらるゝ 体で、諸
04  臣下に 「汝らは この儀を 見 聞いた ことが あるか」
05  と 問わせらるれば、各々 「かつてもって 見 聞か
06  ぬ ことで ござる」と、申せば。その時 エソポ 「し
07  からば 只今の 御不審は それをもって 開けて
08  ござる」と 申して、エソポは 暇を 乞うて 罷り
09  帰れば、その身にも あまたの 宝を 下され、
10  バビロニャへも 宝の 車を 贈り 下され
11  た。エソポ これを 受け取って バビロニャへ 帰り着い
12  て、エヂプトからの 宝の 車を 奉り、
13  かの 国での ことどもを 詳しゅう 奏聞 すれば、
14  なのめならず 喜ばせられた。その後(のち) エソポ
15  バビロニャの 帝王に 暇を 申し、諸国 修行
16  と 志(こころざ)いて、まづ グレシャの 国に 行(ゆ)いて 諸人
17  に 道を 教え、同じく その 国の 内な
18  デルポスという 島へ 渡り、教化(きょうけ) すると いえど
19  も、この 島の 人 悪逆(あくぎゃく) 無道(ぶたう)にして、理非
20  善悪も 聞き入れなんだれば、かの 島を 出(づ)るに
21  臨うで、島中の 悪人ども 僉議(せんぎ) して 言うは、
22  「エソポは 聞こゆる 学匠 ぢゃに、ここを 去って 我
23  らが 悪名を 言わば、この 島の 瑕瑾(かきん)で あらう
24  ず、ただ 殺せ」と 言うて、エソポが 荷物の 中に
黄金(わうごん)    
註:
441.06 mo<xeba.  web版、東洋文庫では、「.」を認めない。
441.18 Delphos デルポス 国字本には、「てるほす」とある。 web版、岩波文庫、東洋文庫には、「デルホス」とある。 
441.19  acuguiacu  和らげ01-L-16  Acuguiacu. Varui coto. 「悪逆。悪い こと。」
441.23 acumio< 和らげ01-L-20_21 Acumio<.  Varui  voboye. l , qicoye. 「悪名。悪い 覚え。l,  聞こえ。」


著作権はhanamaが有します。

目録 BACK   NEXT


広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー