ESOPONO FABVLAS.


442.     ESOPO NO XOGAI NO COTO.

01  vo<gonuo irete voqi, roxide voccaqe nimotno nacaca
02  ra cono vo<gonuo sagaxidaxi, nusubitoto iycaqete su-
03  nauachi ro>xa saxe, tcuiniua Esopouo sanjo<ni tcurete
04  yuqeba, saigoto cocoroyete tatoyeuo nobete yu<ta
05  ua: moromorono muxidomoga bujini sanquaiuo
06  xita toqi, bexxite nezzumito, cairu icanimo xitaxu< iy
07  auaxeta. Arutoqi nezzumino motoni cairuuo ma-
08  neite xujuno chinbutuo soroyete motenaita tocoro-
09  de, sononochi mata cairumo nezumiuo motenaso<-
10  zurutote maneqiyoxe, cauano fotorini dete yu<ua:
11  vaga xitacuua cono fotorigia: sadamete annaiuo xira-
12  xeraremajijtote, nezumino axini nauauo tcuqete cai
13  ru mizzuno nacani tobiittareba, nezumimo fiqiirera-
14  re, inochino vouarito vomo>te yu<taua: satemo cai-
15  ruua nasaqemono< vareuo tabacari, inochiuo tatcumo
16  nocana! varecoso micuzzuto nari fatcurutomo, ato-
17  ni nocoru ychizocudomo icadeca nangiuo anuonni
18  voco<zoto: tagaini vytcu, xizzu<zzu suru tocoroni,
19  tobitoyu< mo<acujin corecoso cuqio<no xomo< nare
20  to yu<te, chu<ni tcuco<de tobiagari, futatcu tomoni
21  saqi curauareta. Sonogotoqu vaga tadaimano arisa-
22  maua cano nezumini sucoximo votoranu:vare men
23  menni chinbutno gotoquna michiuo voxiyuredo-
24  mo, sono fenpo>niua inochiuo vxinauaruru: vare co
so    

442.     エソポ の 生涯 の こと。

01  黄金を 入れて 置き、路次(ろし)で 追っかけ 荷物の 中か
02  ら この 黄金を 探し出し、盗人(ぬすびと)と 言い掛けて す
03  なわち 牢者(ろうしゃ) させ、ついには エソポを 山上(さんじゃう)に 連れて
04  行けば、最期と 心得て 譬えを 述べて 言うた
05  は、「諸々(もろもろ)の 虫どもが 無事に 参会を
06  した 時、別して ネヅミと、カイル いかにも 親しゅう 言い
07  合わせた。ある時 ネヅミの 許に カイルを
08  招いて 種々(しゅじゅ)の 珍物を そろえて もてないた ところ
09  で、その後(のち) また カイルも ネズミを もてなさう
10  ずるとて 招き寄せ、川の ほとりに 出て 言うは、
11  『我が 私宅(したく)は この ほとりぢゃ、さだめて 案内を しら
12  せられまじい』とて、ネズミの 足に 縄を 付けて カイ
13  ル 水の 中に 飛び入ったれば、ネズミも 引き入れら
14  れ、命の 終わりと 思うて 言うたは、『さても カイ
15  ルは 情けも無う 我を たばかり、命を 絶つも
16  のかな! 我こそ 水屑(みくづ)と なり 果つるとも、後
17  に 残る 一族ども いかでか 汝を 安穏(あんおん)に
18  置かうぞ』と、互いに 浮いつ、沈(しづ)うづ する ところに、
19  トビという 猛悪人(まうあくじん) 『これこそ 究竟(くきゃう)の 所望 なれ』
20  と 言うて、宙に 掴うで 飛び上がり、二つ ともに
21  裂き 食らわれた。その如く 我が 只今の 有様
22  は かの ネズミに 少しも 劣らぬ、我 面々
23  に 珍物の 如くな 道を 教ゆれど
24  も、その 返報には 命を 失わるゝ、我 こ
そ    
註:
442.06 nezzumi ネヅミ この他、nezumi 「ネズミ」が混用されている。

442.17 anuon  和らげ02-L-26_28  Anvo~ . Y(a)su< vodayacana. 「安穏。安う 穏やかな。」

442.19 究竟(くきゃう) 仏教用語。究極に達すること。またとない。

著作権はhanamaが有します。

目録 BACK   NEXT


広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー