ESOPONO FABVLAS.


451.     ESOPO NO FABVLAS.
 
01  naraba, tcuininiua sonomino sonxitto nari, amassaye
02  xonin yori azaqerareo>cotoua vtagai nai.

03          Yenocoto, vmano coto.

04    Yenocouo sono xujin aixite, tcuneni fizano vyeni
05  voqi, daqi cacayete fubinuo cuuayerareta. Mata aru
06  toqi sono xujin focacara cayeraretareba, sono fizani
07  agari, muneni teuo cace, cuchiuo neburi nado xite ito
08  narenarexij teide attaniyotte, xujin iyoiyo aixerareta
09  tocorode, roba cono yoxiuo mite vrayamu cocoro
10  ga vocottaca, varemo anogotoquni xite aixerareo>to
11  vomoi, arutoqi xujinno muneni rio<axiuo agaue,
12  cuchiuo neburi, sonozauo caqemegureba, xujinua
13  vo>qini farauo tatete, sanzanni cho<chacu xi, motono
14  vmayaye voicudasareta.

15               Xitagocoro.

16    Vagamino buqirio<na cotouoba cayerimijde, fito
17  no qiyo>to, xujinni aixeraruru cotouo vrayamu mo
18  noua, tachimachifagiuo caite xirizoqu mono gia.

19          Xixito, nezumino coto.

20    Xixivo<no neytta atarini amatano nezumidomoga
21  faiquai xite faxirimeguttaga, aru nezumi xixivo<no
v-    

451.     エソポ の ハブラス。

01  ならば、遂には その身の 損失と なり、剰(あまっさ)え
02  諸人 より 嘲らりょうことは 疑い ない。

03          エノコと、ウ マの こと。

04   エノコを その 主人 愛して、常に 膝の 上に
05  置き、抱き かかえて 不憫を 加えられた。また ある
06  時 その 主人 ほかから 帰られたれば、その 膝に
07  上がり、胸に 手を かけ、口を ねぶり など して  いと
08  馴れ馴れしい 体で あったによって、主人 いよいよ 愛せられた
09  ところで、ロバ この 由を 見て 羨む 心
10  が 起こったか、「我も あの如くに して 愛せらりょう」と
11  思い、ある時 主人の 胸に 両足を 上げ、
12  口を ねぶり、その座を 駆け巡れば、主人は
13  大きに 腹を 立てて、散々に 打擲 し、もとの
14  厩へ 追い下された。

15               下心。

16  我が身の 不器量な ことをば 顧みいで、人
17  の 器用と、主人に 愛せらるゝ ことを 羨む
18  者は、たちまち恥ぢを かいて 退く も のぢゃ。

19          シシと、ネズミの こと。

20    シシ王の 寝入った 辺りに 数多(あまた)の ネズミどもが
21  徘徊 して 走り巡ったが、ある ネズミ シシ王の
上に    
註:
451.01 tcuininiua ついにには → tcuiniua の誤りか。

451.03 エノコ 「犬子・犬児・狗」 (犬の子)のこと。


著作権はhanamaが有します。

目録
 BACK   NEXT



広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー