ESOPONO FABVLAS.


454.     ESOPO NO FABVLAS.

01  nari, sucoxino ayamariuomo yurusazu, xeibai xera
02  rete co>quaisuru vorifuxi, Esoponi muco<te sono vo-
03  moiuo noburu tocoroni, tatoyeuo nobete yu<ua:
04  aru cauano fotorini cairudomo vomo>yo<ua: varerani
05  xujinga nainiyotte, samazamano monodomoni aruiua
06  curauare, aruiua anadoraruru coto cuchioxij cotogia
07  to yu<te, tenni inotte yu<ua icadeca varerani bacari xu
08  jinuo cudasarenuzo? auogui neganacuua xujinuo cuda
09  sareyocaxito, mo<xeba, ten coreuo auare maxerarete
10  faxirauo yppon cudasarureba, cairudomo cototomo
11  xeide, qeccu sono vyeni nobori, fune curuma nado         
12  no yo<ni norimononi xite, casanete cairudomo tenni
13  so>mon mo<suua: yjenno xujinua muxinno cob(o)cude
14  gozareba, xicarubei xujinuo ataye cudasareito mo<su
15  niyotte, sarabato atte, nochiniua tcuruuo xujinto
16  xite ataye cudasareta. Soreyorixite tcuruua cudanno
17  faxirani zaxite atarini quru cairudomouo fitotcumo
18  nocosazu curo<niyotte, cairuno xindai nanguini qi-
19  uamari, mata tenni mo<suua: vareraga ychiruiuo coto
20  gotocu metbo<ni voyobosuuo auaremaxerareito tano
21  mitatematc(u)(r)eba, sonotoqi tencara vo>xeraruruua: na~ 
22  giua vaga sadameuo somuite, jicouo mopparato xita
23  coto nareba, imasara caiyeqi suru cotoua narumajijtono
24  te~chocu gianiyotte, connichini itatte cairudomo co-
no    

454.     エソポ の ハブラス。

01  なり、少しの 誤りをも 赦さず、成敗 せら
02  れて 後悔する 折節、エソポに 向かうて その
03  思いを 述ぶる ところに、譬えを 述べて 言うは、
04  ある 川の 辺に カイルども 思うやうは、「我らに
05  主人が 無いによって、様々の 者どもに あるいは
06  食らわれ、あるいは 侮らるゝ こと 口惜しい ことぢゃ」
07  と 言うて、天に 祈って 言うは 「いかでか 我らに ばかり 主
08  人を 下されぬぞ? 仰ぎ 願わくは 主人を 下
09  されよかし」と、申せば、天 これを 憐れ ませられて
10  柱を 一本 下さるれば、カイルども 事とも
11  せいで、結句(けっく) その 上に のぼり、船 車 など
12  の やうに 乗り物に して、重ねて カイルども 天に
13  奏聞 申すは、「以前の 主人は 無心の 枯木(こぼく)で
14  ござれば、しかるべい 主人を 与え 下されい」と 申す
15  によって、「さらば」と あって、後(のち)にいは ツルを 主人と
16  して 与え 下された。それよりして ツルは 件の
17  柱に 座して 辺りに 来る カイルどもを 一つも
18  残さず 食らうによって、カイルの 進退(しんだい) 難儀に
19  窮まり、また 天に 申すは、「我らが 一類を こと
20  ごとく 滅亡に 及ぼすを 憐れませられい」と 頼
21  み奉れば、その時 天から 仰せらるゝは、
22  「汝は 我が 定めを 背いて、自己を 専らと した
23  こと なれば、今更 改易 する ことは なるまじい」との
24  天勅(てんちょく) ぢゃによって、今日(こんにち)に 至って カイルども こ
の    
註:
454.08 neganacuua ねがなくわ negauacuua ねがわくわ(願わくは)の誤り。

著作権はhanamaが有します。

目録
 BACK   NEXT

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー