ESOPONO FABVLAS.


461.     ESOPO NO FABVLAS.

01  nanigotouo vovabiaruzo? icusaua xo>buno coto na-
02  reba, catcumo, maqurumo tada toqino vnni yoru
03  coto gia. Cojeivomotte vo>jeini catcu cotoua sono ta
04  mexiga naidemo nai: tatoi fo>vo<, cujacuno teuo ca(y)e
05  rarurutomo, vareraga ychizocu(n)o aro< fodo(d)e, mu-
06  gueni faigun surucotoua arumajijni, iuanya co<mo-
07  rizzureno vocubio<monodomoga goman ju<man (t)e-
08  qini tcuitarebatote, xengio<ye ideteua fitofamo yevo>
09  maizo: izasaraba condoua vareraga ychimon saqi-
10  uo caqete icusauo fajimeo>zuru. Vonovono atouo
11  
curomesaxerareito samo tanomoxigueni nonoxitte
12  yuqeba, xocho>mo coreni qiuo nauoite, qedamono
13  no g(i)nye voxiyosuruni, qedamono motocara ma-
14  chicaqeta coto nareba, toqimo vtcusazu, vtte de-
15  te, itcumono gotoqu xitaredomo, condoua vaxi
16  no cho>guivomotte icusani fanauo chirasuni yotte,
17  qedamonomo vouoito iyedomo, canete fio<guiuo
18  xenandani yotte, sanzanni qiritaterare, xeibio< ama-
19  ta vtaxe, cajeni conofano chiruyo<ni, to>zaini faifo-
20  cu xita. Cononochi torimo, qedamonomo guifeiuo
21  yamete, vayono totonoyeuo naite, firoinobeni
22  deyo<te sanquai xita. Sonotoqi cho>rui mo<xitaua:
23  condo tagaino icusani taretote(m)o bexxinuo cuuata-
24  teta monoua naini co<moriga yaxinua jendai mimon
no    

461.     エソポ の ハブラス。

01  何事を お侘びあるぞ? 戦(いくさ)は 勝負の こと な
02  れば、勝つも、負くるも ただ 時の 運に よる
03  こと ぢゃ。小勢(こぜい)をもって 大勢に 勝つ ことは その た
04  めしが 無いでも ない、たとい 鳳凰、孔雀の 手を 変え
05  らるゝとも、我らが 一族の あらう ほどで、無(む)
06  下(げ)に 敗軍 することは あるまじいに、いわんや カウモ
07  リづれの 臆病者どもが 五万 十万
08  敵に ついたればとて、戦場へ 出(い)でては 一羽(ひとは)も え追う
09  まいぞ、いざさらば 今度は 我らが 一門 先
10  を 駆けて 戦を 始みょうずる。各々 後(あと)を
11  黒めさせられい」と さも 頼もし気に ののしって
12  行けば、諸鳥も これに 気を 直いて、獣(けだもの)
13  の 陣へ 押し寄するに、獣 元から 待
14  ちかけた こと なれば、時も 移さず、打って 出
15  て、いつもの 如く したれども、今度は ワシ
16  の 調義(ちょうぎ)をもって 戦に 花を 散らすに よって、
17  獣も 多いと いえども、かねて 評議を
18  せなんだに よって、散々に 斬りたてられ、精兵(せいびゃう) 数(あま)
19  多(た) 討たせ、風に 木の葉の 散るやうに、東西に 敗北(はいほく)
20  した。この後(のち) 鳥も、獣も 義兵を
21  やめて、和与(わよ)の 調えを ないて、広い野辺に
22  出逢(や)うて 参会 した。その時 鳥類 申したは、
23  「今度(こんど) 互いの 戦に 誰(たれ)とても 別心(べっしん)を 企(くわた)
24  てた 者は ないに カウモリが 野心は 前代 未聞
の    
註:
461.01 お侘びあるぞ 「気を落とす」こと。

461.10-11 後を黒めさせられい 「後方の守りをせよ」ということ。

461.11 ののしって 「大声で叫ぶ」こと。

461.16 調義 「策略」のこと。

461.23_24 
bexxinuo cuatateta  和らげ03-L-30_32  Bexxin uo cuuatatcuru. Mufonuo cuuatatcuru cocoro. 「別心 を 企つる。謀反を くわたつる こころ。」

著作権はhanamaが有します。

目録
 BACK   NEXT


広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー