ESOPONO FABVLAS.


468.     ESOPO NO FABVLAS.

01  ro<yacuto mo<xitemo yeqinaicotoca, xenmanni fito
02  tcumo aruni voiteua, vo>cameno vono qiretauo totte
03  iqigauauo faide, mada atatamarino samenu vchini fi-
04  nicuuo tcutcumaxerareba, mottomo qimeo> fuxi-
05  guina cusuri giato yu<ta tocorode, sono sobani cudan
06  no vo>camega ytauo, tachimachi tcuco<de fiqiyoxe, vo
07  moteto, xusocuno caua bacariuo nocoite marufaguini
08  faide, xixino jentaiuo tcutcumi, vo>cameuoba s(o)no ma
09  ma saxifanaita. Vorifuxi natcuno coro (n)areba: ari, faiga
10  muragatte xexeru fodoni, vo>cameno canaximiua ta
11  da fitotcudemo nacatta. Sate cuda~no qitcune aru vo
12  cani yasunde yru tocoroni, cano vo>came auareto yu<
13  mo vorocana teide suguiyuquuo mite, qitcunega yo
14  bicaqete yu<ua: tadaima cafodono yentenni zzuqin
15  uo catcugui, tabiuo faqi, yugaqeuo saite cocouo su-
16  guruua tarezoto sanzanzanni azaqeri: icani vo>came
17  yo> qiqe, fitono vyeuo vttayuru monoua, chiuo fu-
18  cunde fitoni faqicaquruto vonaji coto gia(:) faqicaqeo>
19  to suru yorimo, mazzu sono cuchiuo qegasuto yu<
20  cotoga aru: chu<guenuocoso yeiuazutomo, xeme
21  te zanguenuo faqunato yu<tato mo<su.

22               Xitagocoro.

23    Zanxano tcuini miuo gaisuruua, sonomino cuchi
24  yuye giato yu< cotouo vomoye.
Fa    

468.     エソポ の ハブラス。

01  良薬(らうやく)と 申しても 益ないことか、千万に 一
02  つも あるに おいては、オウカメの 尾の 切れたを 取って
02  生皮(いきがわ)を 剥いで、まだ 暖まりの 冷めぬ 内に 皮
03  肉を 包ませられば、最も 奇妙 不思
04  議な 薬 ぢゃ」と 言うた ところで、その そばに 件
06  の オウカメが いたを、たちまち 掴うで 引き寄せ、
07  面(おもて)と、手足(しゅそく)の 皮 ばかりを 残いて 丸剥ぎに
08  剥いで、シシの 全体を 包み、オウカメをば その ま
09  ま さし放いた。折節 夏の 頃 なれば、アリ、ハイが
10  群がって せせる ほどに、オウカメの 悲しみは た
11  だ 一つでも なかった。さて 件の キツネ ある
12  丘に 休んで いる ところに、かの オウカメ 憐れと いう
13  も 愚かな 体で 過ぎ行くを 見て、キツネが 呼
14  びかけて 言うは、「ただいま かほどの 炎天に 頭巾
15  を かつぎ、足袋を 履き、弓懸(ゆがけ)を さいて ここを 過
16  ぐるは 誰(たれ)ぞ」と 散々に 嘲り、「いかに オウカメ
17  よう 聞け、人の 上を 訴ゆる 者は、血を
18  含んで 人に 吐きかくると 同じ こと ぢゃ、吐きかきょう
19  と する よりも、まづ その 口を 汚すと いう
20  ことが ある、忠言をこそ え言わずとも、せめ
21  て 讒言を 吐くな」と 言うたと 申す。

22               下心。

23    讒者の ついに 身を 害するは、その身の 口
24  故 ぢゃと いう ことを 思え。

註:
468.10 せせる 「ほじくる」という意味。日葡辞書「耳、または、鼻をxexeruせせる」とある。

468.15 弓懸(ゆがけ) 弓を射るときにする。革製の手袋。

468.16 sanzanzanni さんざんざんに → sanzanni さんざんに(散々に) の誤り。

著作権はhanamaが有します。

目録 BACK   NEXT

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー