ESOPONO FABVLAS.


470.     ESOPO NO FABVLAS.

01  fuqeo>ni sorerauo vocoite fataracasuru tameni, niuatori
02  no co<te, toqiuo facararetauo guegio coreuo vo>qini qi
03  ro<te cano niuatori saye nainaraba, corefodo fuqeo> niua
04  vocosaremajij monouoto vomo>te: ninin yiauaxete,
05  fi(s)ocani niuatoriuo coroita. Iyeno aruji niuatorino co
06  yenicoso toqiuo xitte vocosaretaredomo, (n)iuatori
07  ga naqe(r)eba, jixetuo facarucotoga canauaide, yona
08  ca mayecara vocoite, xigotouo iytcuqeraruruni yot-
09  te, guegiodomo vo>qini taicut xite, toriua monoca-
10  uato curuxu<da.

11               Xitagocoro.

12    Yenriono nai monoua nochino nanguiuo cayeri-
13  mijde, xoychinenni iqidouoriuo sanjite, daijiga xut
14  rai xite cara, cuyamuni yeqinai cotouonomi xiidasu
15  mono gia.                           

16           N(i)ninno chiinno coto.

17    Arutoqi jiyoni conjenu nininno chiin vchitcure-
18  datte yuqu michide, cumatoyu< qedamononi yuqiyo<
19  te, ychininua qini nobori, ima ychininua cumato tata
20  co<taga, xeiriqiga tcuqureba chini tauore sorajiniuo xi
21  tareba, cano qedamonono cataguide, xibitoniua gaiuo
22  nasanu mono gia: saredomo sono qedamono xo<-
23  jino anpuuo cocoromio>to vomo>taca, mimino fo-
24  tori, cuchino atariuo caide miredomo, xinda goto-
qu-    

470.     エソポ の ハブラス。

01  払暁(ふきょう)に それらを 起こいて 働かする ために、ニワトリ
02  の 飼うて、時を 計られたを 下女 これを 大きに
03  嫌うて かの ニワトリ さえ ないならば、これほど 払暁 には
04  起こされまじい ものをと 思うて、二人(ににん) 言い合わせて、
05  密かに ニワトリを 殺いた。家の 主(あるじ) ニワトリの
06  声にこそ 時を 知って 起こされたれども、ニワトリ
07  が なければ、時節を 計ることが 叶わいで、夜
08  中 前から 起こいて、仕事を 言い付けらるゝに よっ
09  て、下女ども 大きに 退屈 して、鳥は ものか
10   と苦しゅうだ。

    下心。

12    遠慮の ない 者は 後(のち)の 難儀を 省
13  みいで、初一念(しょいちねん)に 憤りを 散じて、大事が 出(しゅつ)
14  来(らい) して から、悔やむに 益ない ことをのみ 為出(しいだ)す
15  もの ぢゃ。

16          二人の 知音の こと。

17 ある時 自余に 混(こん)ぜぬ 二人(ににん)の 知音(ちいん) うち連れ
18  立って 行く 道で、クマという 獣(けだもの)に 行き逢(や)う
19  て、一人(いちにん)は 木に 登り、いま 一人は クマと
20  戦うたが、精力(せいりき)が 尽くれば 地に 倒れ 空死(そらじ)にを し
21  たれば、かの 獣の 気質(かたぎ)で、死人(しびと)には 害を
22  なさぬ もの ぢゃ、されども その 獣 生(しゃう)
23  死(じ)の 安否(あんぷ)を 試みょうと 思うたか、耳の ほ
24  とり、口の 辺りを 嗅いで みれども、死んだ 如
くに    
註:
470.01 払暁(ふきょう) 明け方

470.09 退屈 「くたびれる」という意味。

470.09 ものかは 「物の数ではない」という意味。ここでは、「鳥の声に起こされたことなど、物の数でもなかった」というような意味。

470.23 anpu  和らげ02-L-17_22 
Anpu. Y(o)xi axino cocoro. I . maqe cachino catanimo toru(r)(u).
安否。良し 悪しの こころ。負け 勝ちの かたにも とるる。」


著作権はhanamaが有します。

目録 BACK   NEXT

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー