ESOPONO FABVLAS.


476.     ESOPO NO FABVLAS.

01  yete chicazzuqeba, vaga cuchiye mimiuo yoxesaxe
02  rareito yu<fodoni, sunauachi mimiuo yoxeta(r)eba,       
03  catacatano (m)i(m)iuo curaiqitte, vo>qini icaruniyotte  
04  miru fito vonovono qimouo qexi, satemo ano nu
05  subitoua jendai mimonno yatcume gia: nusumiuo
06  suru nominarazu, vaga fauani curaitcuquua macoto
07  ni chicuruinimo votottato iyeba: nusubito ba(n)min      
08  no nacade icanimo co<xo<ni nonoxittaua: vaga faua fo-   
09  dono qendon daiichina monoua yoni arumajij: va-
10  ga conobunni narucotoua carega xiuaza gia; yuyeuo
11  icanitoyu<ni, vare yo>xo>no toqi, tomodachino tefon
12  sumi, fudeuo nusunde quredomo, tcuini ychidomo
13  xeccanuo cuuayeide, sonomama nusumino cuxeuo
14  suteide conobunni natta. Vareuo chu<suru monoua
15  sunauachi faua giato yu<te q(i)rareta.

16               Xitagocoro.

17    Sucoxino acuuo corasaneba, vo>qina acuga yoni
18  fabicoru toyu< cotouo xire.

19          Niuatorito, inuno coto.

20    Arutoqi niuatorito, inuto vchitcuredatte noasobi
21  xitani, figa sudeni curureba, niuatoriua cozuyeni
22  nobori, inuua sono qino motoni nemutta. So<aru
23  tocoroye qitcune sono atari chico< ytaga, niuatorino
aca    

476.     エソポ の ハブラス。

01  えて 近づけば、「我が 口へ 耳を 寄せさせ
02  られい」と 言うほどに、すなわち 耳を 寄せたれば、
03  片方(かたかた)の 耳を 食らい切って、大きに 怒るによって
04  見る 人 各々 肝を 消し、「さても あの
05  盗人は 前代 未聞の 奴め ぢゃ、盗みを
06  する のみならず、我が 母(はわ)に 食らいつくは まこと
07  に 畜類にも 劣った」と 言えば、盗人 万民
08  の 中で いかにも 高声(かうしゃう)に ののしったは、「我が 母 ほ
09  どの 慳貪(けんどん) 第一な 者は 世に あるまじい、
10  我が この分に なることは かれが 仕業 ぢゃ、故を
11  いかにというに、我 幼少の 時、友達の 手本
12  墨、筆を 盗んで くれども、遂に 一度も
13  折檻を 加えいで、そのまま 盗みの 癖を
14  棄ていで この分に なった。我を 誅する 者は
15  すなわち 母 ぢゃ」と 言うて 斬られた。

16               下心。

17   少しの 悪を 懲らさねば、大きな 悪が 世に
18  蔓延(はびこ)る という ことを 知れ。

19          ニワトリと、イヌの こと。

20   ある時 ニワトリと、イヌと うち連れ立って 野遊び
21  したに、日が 既に 暮るれば、ニワトリは 梢に
22  上り、イヌは その 木の 本に 眠った。さうある
23  所へ キツネ その 辺り 近う いたが、ニワトリの

註:
476.08 ののしった 「大声を立てること」


著作権はhanamaが有します。

目録 BACK   NEXT

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー