ESOPONO FABVLAS.


487.     ESOPO NO FABVLAS.

01  dasareba, ychigono govonto zonjo>zuruto cotobauo
02  agame, fizauo votte coreuo co> tocorode, yamacara
03  nangini yurusuto guegiuo nasu tocorode, sono so-
04  mabito vonono yeuo xisuguete cara, yama, faya-
05  xiuo cotogotocu qiricuzzusuniyotte, xobocuga ya-
06  mauo vramite yu<ua; najeni yamaua conoyo<na xa-
07  menuoba voyariyattazo? vonono yeuo saye yuru-
08  sarezua, najeni vareraua forobeo>zoto.

09               Xitagocoro.

10    Bo>qeiuo fucunde vabicotouo suru monono teda-
11  teuo cayerimizuua, tachimachi metbo<uo xo>zu.

12          Qitcuneto, itachino coto.

13    Aru qitcune icanimo yaxete fitono curano icani-
14  mo xebai anacara itte, comuguiuo vomo>mamani
15  curo<tecara, ideo>to suredomo, fara yori xitaua yedei-
16  de curuximu tocorouo, itachiga mite yqenuo cuua-
17  yete yu<ua: motono anauo deo>to vomouaxerareba,
18  motono yo<ni yaxesaxerareito.

19               Xitagocoro.

20    Amatano fito finna toqiua, anracu naredomo, fucqi
21  ni nareba, cutcu< fippacuni voyobu cotoga vouoi.

22          Cameto, vaxino coto.

23    Aru came tobitai cocoroga tcuite, vaxino motoni
24  ytte tobo<zuru yo<uo voxiyesaxararei: voreiniua
mei      

487.     エソポ の ハブラス。

01  されば、一期(いちご)の 御恩と 存じょうずる」と 言葉を
02  崇(あが)め、膝を 折って これを 乞う ところで、山から
03  「汝に 赦す」と 下知(げぢ)を なす ところで、その
04  杣人 斧の 柄を しすげて から、山、
05  林を ことごとく 伐り崩すによって、諸木(しょぼく)が
06  山を 恨みて 言うは、「何故に 山は このやうな 赦
07  免をば お遣りやったぞ? 斧の 柄を さへ 赦
08  されずは、何故に 我らは 亡びょうぞ」と。

09               下心。

10   謀計(ぼうけい)を 含んで 詫言(わびこと)を する 者の 手立
11  てを 顧みずは、たちまち 滅亡を しょうず。

12          キツネと、イタチの こと。
 
13    ある キツネ いかにも 痩せて 人の 倉の いかに
14  も 狭(せば)い 穴から 入(い)って、小麦を 思うままに
15  食らうてから、出(い)でおうと すれども、腹 より 下は え出(で)い
16  で 苦しむ ところを、イタチが 見て 異見を 加
17  えて 言うは、「元の 穴を 出おうと 思わせられば、
18  元の やうに 痩せさせられい」と。

19               下心。

20   あまたの 人 貧(ひん)な 時は、安楽 なれども、富貴(ふっき)
21  に なれば、苦痛 逼迫に 及ぶ ことが 多い。

22          カメと、ワシの こと。

23   ある カメ 飛びたい 心が ついて、ワシの 許に
24  行って 「飛ばうずる 様(やう)を 教えさせられい、お礼には


487.10  Bo>qeiuo fucunde   和らげ03-R-24_25 Bo>qeiuo fucumu. Varui facaricotouo tacumu. 「謀計を 含む。悪い 謀りことを たくむ。」

487.20 anracu  和らげ02-L-23_25   Anracu. Yasu< tanoximu  「安楽。安う 楽しむ」


著作権はhanamaが有します。

目録 BACK   NEXT


広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー