ESOPONO FABVLAS.


498.     ESOPO NO FABVLAS.

01  ni, nanto xitaca go<teqino xixivo<ni yuqivo<te tagaini
02  sorezoto metometo miauaxeta tocorode, qitcune ima
03  ua nogaregataqereba, co<san xi cayerichu< x(i)te v(a)ga
04  inochiuo tcugo<zuruto vomo> cocoroga tcuite, xixivo(<)
05  no mayeni yuqi, vouo sube, caxirauo chini tcuqete
06  mo<suua: icani vareraga teivo< qicaxerarei, soregaxi(u)a ino
07  ch(i)uo tasuqesaxeraruru naraba, cano robauo vonmino
08  tenovani (m)auaru yo<ni itaso<zuruto yu<ta: xixivo< na
09  canaca sonobunni xei, vareuoba yuruso<zoto yu<ni
10  yotte, qitcune robauo tabacatte cucuriuo caqeta ata-
11  riye tcurete yuqeba, robaua motoyori fucacujin nare-
12  ba, tachimachi cucurini cacatta. Socode xixiua faya ro
13  baua nogaruru michiga nai: mazzu qitcuneuoto
14  vomo>te tob(i)cacatte tachimachini curaicoroxi, tcu-
15  guini robauomo curo<ta.

16               Xitagocoro.

17    Mino tame bacariuo vomo>te, taninni atauo nasu
18  monoua, sono mucuiuo nogaruru cotoga canauanu:
19  qeccu fitoyori saqini nanni vo<cotoga vouoi.

20          Vo>cameto, couo motta vonnano coto.

21    Vo>came yppiqi arufi yemonoga no<te vyeni voyo>
22  de, cococaxicouo caqemeguri, aru yamazatono
23  xizzuga iuorino noqibani yoriso>te qiqeba, chijsai co-
24  no naquuo sucasu tote, sono faua camayete nacaba, vo>
ca-    

498.     エソポ の ハブラス。

01  に、なんと したか 強敵(がうてき)の シシ王に 行き逢うて 互いに
02  それぞと 目と目と 見合わせた ところで、キツネ 「今
03  は 遁(のが)れ難ければ、降参 し 返り忠 して 我が
04  命を 継がうずる」と 思う 心が ついて、シシ王
05  の 前に 行き、尾を すべ、頭(かしら)を 地に つけて
06  申すは、「如何に 我らが 帝王 聞かせられい、某(それがし)は
07  命を 助けさせらるゝ ならば、かの ロバを 御身の
08  手の曲(わ)に まわる やうに 致さうずる」と 言うた、シシ王 「な
09  かなか その分に せい、われをば 赦さうぞ」と 言うに
10  よって、キツネ ロバを 謀(たばか)って 括(くくり)を 掛けた 辺
11  りへ 連れて 行けば、ロバは もとより 不覚人(ふかくじん) なれ
12  ば、たちまち 括に 掛かった。そこで シシは 「はや ロ
13  バは 遁るゝ 道が ない、まづ キツネを」と
14  思うて 飛び掛って たちまちに 食らい殺し、
15  次に ロバをも 食らうた。

16               下心。

17   身の ため ばかりを 思うて、他人に 仇(あた)を なす
18  者は、その 報いを 遁るゝ ことが 叶わぬ、
19  結句 人より 先に 難に 遇うことが 多い。 

20          オウカメと、子を 持った 女の こと。

21   オウカメ 一匹 ある日 獲物が 無うて 飢えに 及う
22  で、ここかしこを 駆け巡り、ある 山里の
23  賤(しづ)が 庵の 軒端(のきば)に 寄り添うて 聞けば、小さい 子
24  の 泣くを 賺(すか)す とて、その 母(はわ) 「構えて 泣かば、オウ
カメに    
註:
498.03  返り忠  「寝返る」こと

498.24  賺す 「なだめすかす」こと


著作権はhanamaが有します。

目録 BACK   NEXT


広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー