ESOPONO FABVLAS.


500.     ESOPO NO FABVLAS.

01  rio(<)bo< tomoni totte curo<ta.

02               Xitagocoro.

03    Yocuxin, aruiua gamanni yotte vonaji cuni toco-
04  rono fito qenqua, to>jo<uo xi, vatacuxidoriaini voyo-
05  beba, taxo, tago<cara sono feini notte, ronuo nasu so<-
06  fo< tomoni xitagayuru mono gia.

07          Aru toxiyotta xixivo<no coto.

08    Aru xixi vacazacarino toqiua, yu<qiga suguite aru
09  fodono qedamonouo azamuqi, atauo naita cotoua
10  facararenu cotode atta. Cono xixi toxiga yotte
11  yo<yacu guio<bumo canauanuni voyo>de, youameno
12  reo>gueto yarani inoxixiuo fajime, yamavji, sonofo-
13  ca robamademo cono xixiuo funzzu qetcu suruni
14  yotte, xixi namidauo nagaite yu<ua: satemo cana-
15  xij cotocana! miga jenxeino toqi, vonuo atayeta mo
16  noua ima doconi yru(z)o? tada atauo musunda mo-
17  no bacari imaua miyuruto.

18               Xitagocoro.

19    Vonuo vasururu monoua vouo>, atauo fo>jenu mo
20  noua marena.

21          Qitcuneto, vo>cameno coto.

22    Qitcune yppiqi yeuo motomeo>to deta tocoroni,
23  aru vo>cameno yebucurete curainocoita yeuo macu-
24  rani xite yta tocoroni yuqiyo<te, taburacasabayato vo-
25  moi, icani vo>camedono, najeni sayo<ni muxosaniua
go-      

500.     エソポ の ハブラス。

01  両方(りゃうばう) ともに 取って 食らうた。

02               下心。

03   欲心、或いは 我慢に よって 同じ 国
04  所(ところ)の 人 喧嘩、闘争(とうじゃう)を し、私取(わたくしど)り合いに 及
05  べば、他所(たしょ)、他郷(たがう)から その 弊に 乗って、論を なす 双
06  方 ともに 従ゆる もの ぢゃ。

07          ある 年寄った シシ王の こと。

08   ある シシ 若盛(わかざかり)の 時は、勇気が 過ぎて ある
09  ほどの 獣(けだもの)を 欺き、仇(あた)を ないた ことは
10  計られぬ ことで あった。この シシ 年が 寄って
11  漸く 行歩(ぎゃうぶ)も 叶わぬに 及うで、弱目(よわめ)の
12  霊気(りょうげ)と やらに イノシシを はじめ、山牛(やまうじ)、その
13  他 ロバまでも この シシを 踏んづ 蹴つ するに
14  よって、シシ 涙を 流いて 言うは、「さても 悲
15  しい ことかな! 身が 全盛の 時、恩を 与えた
16  者は 今 どこに いるぞ? ただ 仇(あた)を 結んだ
17  者 ばかり 今は 見ゆる」と。

18               下心。

19   恩を 忘るゝ 者は 多う、仇を 報ぜぬ
20  者は 稀な。

21          キツネと、オウカメの こと。

22    キツネ 一匹 餌(え)を 求みょうと 出た ところに、
23  ある オウカメの 餌脹(えぶく)れて 食らい残いた 餌を
24  枕に して いた ところに 行き逢(や)うて、誑かさばやと 
25  思い、「如何に オウカメ殿、何故に 左様に 無所作(むしょさ)には
ござるぞ?    
註:
500.09  azamuqi  和らげ03-L02_03  Azamuqi, qu. Fitouo anadoru coto. 「欺き、く。人を あなどる こと。」

500.11  reo>gue → reo<gue の誤りか。  

500.11-12  弱目の霊気 (よわめのりょうげ) 「弱り目に祟り目」というような意味か。

500.16  atauo musunda  和らげ02-R-20   Atauo musubu. Atauo nasu. 「あたを 結ぶ。あたを なす。」

著作権はhanamaが有します。

目録 BACK   NEXT


広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー