ESOPONO FABVLAS.

 

ESOPONO FABVLAS.

469.
      Niuatorito, guegiono coto.                               20

Aru iyeno aruji nininno guegiouo tcucauaretaga,

470.
fuqeo>nisorerauo vocoite fataracasuru tameni, niuatori
noco<te, toqiuo facararetauo guegio coreuo vo>qini qi
ro<te cano niuatori saye nainaraba, corefodo fuqeo> niua
vocosaremajij monouoto vomo>te: ninin yiauaxete,
fi(s)ocani niuatoriuo coroita. Iyeno aruji niuatorino co    05
yenicoso toqiuo xitte vocosaretaredomo, (n)iuatori
ganaqe(r)eba, jixetuo facarucotoga canauaide, yona
ca mayecara vocoite, xigotouo iytcuqeraruruni yot-
te, guegiodomo vo>qini taicut xite, toriua monoca-
uato curuxu<da.                                                   10

        Xitagocoro.

  Yenriono nai monoua nochino nanguiuo cayeri-
mijde, xoychinenni iqidouoriuo sanjite, daijiga xut
rai xite cara, cuyamuni yeqinai cotouonomi xiidasu
mono gia.                                                            15


エソポのハブラス2.01 (469.20--470.15)

ニワトリと、下女のこと。

ある家の主(あるじ)二人(ににん)の下女を使われたが、/払暁(ふきょう)にそれらを起こいて働かするために、ニワトリの飼うて、時を計られたを下女これを大きに嫌うてかのニワトリさえないならば、これほど払暁には起こされまじいものをと思うて、二人言い合わせて、密かにニワトリを殺いた。家の主 ニワトリの声にこそ時を知って起こされたれども、ニワトリがなければ、時節を計ることが叶わいで、夜中前から起こいて、仕事を言い付けらるるによって、下女ども大きに退屈して、鳥はものかはと苦しゅうだ。

    下心。

 遠慮のない者は後(のち)の難儀を省みいで、初一念(しょいちねん)に憤りを散じて、大事が出来(しゅつらい)してから、悔やむに益ないことをのみ為出(しいだ)すものぢゃ。



・類話などについて

タウンゼント 73.後家と小間使い

 洗濯好きの後家さんには、二人の小間使いが、かしずいていた。女主人は、二人をいつも、夜明けとともに叩き起こして働かせた。そんな重労働に辟易した二人は、夜明けを告げるオンドリを殺してしまうことにした。
  しかしそれは、更なる災厄を招いただけだった。オンドリがいなくなって、時間の分からなくなった女主人は、二人を夜中から起こして働かせた。

Perry55 Chambry89  Charles79 La Fontaine5.6 Krylav5.5 TMI.K1636 Type 1566A* (Aesop)


         INDEX  はじめに  BACK  NEXT
 
                    著作権はhanamaが有します。   



広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー