古活字版 伊曽保物語 変体仮名

01 事をあ流へしと思ふ事な可連多い二尓はもと
02 め可多き事を毛とめた支と思ふ事な可連たい
03 三尓はさ徒天可へらさる事をく屋む事な可れ
04 此三つをよくたもた者あやま利有へ可ら須と云越
05 幾ひて此鳥を者奈しぬそ能とき鳥高き木末尓
06 とひあ可利さても御辺八を路可なる人可那王可腹
07 尓奈らひなき玉をもて里古連を御辺と利給はゝ世
08 にならひなく佐可へ給ふへ幾物をとわらひけ連八
09 可能人ちたひ後悔して二たひ可能鳥をとら八やと
10 祢らふ本とに可能鳥又申遣流八い可尓御辺御身尓
11 満さ利たる津多奈支人八候ましそ能ゆへ八只今御

【イソホ 下 丗五】

12 辺尓をしへ遣る事を八何登可きゝ給ふやたい
13 一あ流ましき古とをあ流へしと思ふ事な可連と
14 八ま津わ可者ら尓たまあ利といふ八あ流へ幾事
15 やい奈やたい二尓はもとめ可多き事をもとめた支
16 と於もふ事な可連とは我を二たひと流古とな可流
17 へから春たい三尓はさつて可へらぬ事を具やむ
18 事な可連とは我を一たひ者奈津も能可奈八怒物故
19 祢らふ事さ徒て可へらぬをく屋む尓あら須やと
20 楚者ちしめに遣る其ことく人徒年耳こ能三徒尓
21 まとへるも能な利よ起をしへめ能まへ尓あ利登
22 い遍とも古連を見聞な可らた毛つ者ひと利毛奈し
古活字版 伊曽保物語 現字体仮名

01 事をあるへしと思ふ事なかれたい二にはもと
02 めかたき事をもとめたきと思ふ事なかれたい
03 三にはさつてかへらさる事をくやむ事なかれ
04 此三つをよくたもたはあやまり有へからすと云を
05 きひて此鳥をはなしぬそのとき鳥高き木末に
06 とひあかりさても御辺はをろかなる人かなわか腹
07 にならひなき玉をもてりこれを御辺とり給はゝ世
08 にならひなくさかへ給ふへき物をとわらひけれは
09 かの人ちたひ後悔して二たひかの鳥をとらはやと
10 ねらふほとにかの鳥又申けるはいかに御辺御身に
11 まさりたるつたなき人は候ましそのゆへは只今御

【イソホ 下 丗五】

12 辺にをしへける事をは何とかきゝ給ふやたい
13 一あるましきことをあるへしと思ふ事なかれと
14 はまつわかはらにたまありといふはあるへき事
15 やいなやたい二にはもとめかたき事をもとめたき
16 とおもふ事なかれとは我を二たひとることなかる
17 へからすたい三にはさつてかへらぬ事をくやむ
18 事なかれとは我を一たひはなつものかなはぬ物故
19 ねらふ事さつてかへらぬをくやむにあらすやと
20 そはちしめにける其ことく人つねにこのみつに
21 まとへるものなりよきをしへめのまへにありと
22 いへともこれを見聞なからたもつ者ひとりもなし
下目録2 戻る 次へ
著作権はhanamaが有します。


広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー