エソポのハブラス 原文と翻刻

はじめに

底本は、「(大英図書館蔵 福島邦道解説) 天草版 伊曾保物語 勉誠社文庫 3 」を用いた。
(現在の版は、天草版イソポ物語  となっている。)

本文の( )で区切られた文字は、底本の活字の潰れやかすれなどで判別できない文字を補った。

エソポのハブラス原文と翻刻



参考文献

文禄二年耶蘇会板 伊曽保物語 京都大学国文学会
(はじめこの版を底本にしていたが、勉誠社版の方が、文字は拡大されており、かすれも少ない)

Web版 
天草版伊曾保物語(エソポのハブラス)ローマ字 福井大学教育学部国語科学生+小川栄一氏
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/esopo.txt
仮名書き 岡島昭浩氏の単純置換
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/esopo_k.txt
底本の文字のかすれなどの際には、両者を大変参考にさせて頂いた。

吉利支丹文学集2 イソポのハブラス 新村出 柊源一 校注 東洋文庫570
(翻字に際しては、この本を第一の参考資料とした)

天草版 伊曽保物語 新村出 翻字 岩波文庫

古活字版 伊曽保物語 飯野純英 校訂 小堀桂一郎 解説 勉誠社
(国字本の資料としては、この本を第一の参考資料とした)

万治絵入本 伊曾保物語 武藤禎夫 校注 岩波文庫


平成15年3月11日

著作権はhanamaが有します。

戻る



広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー