ESOPONO FABVLAS.


412.     ESOPO NO XOGAI NO COTO.

01  xocuxita fitoua canarazu arauaremaraxo>zuruto mo<-
02  xeba, sonotoqi xujin Esopoga saicanna cotouo vo-
03  doroqi, cano nininni Esopoga xomo<no gotoqu iy-
04  tcuqerarureba, rio<ninno monodomo vomo>yo<ua,
05  nuruyuuoba nomutomo, nodoni yubiuo saye irezu-
06  ua, curuxicarumajijto vomo>te, yppaizzutcu fiqiv(q)e
07  fiqivqe nomuni, vsoamai monouo curo<ta vyenareba,
08  nanicaua yocaro<, gojenni fabacarufodo toqiacu xita
09  reba, nanno yo>mono< baqega arauareta. Sonotoqi
10  xujin Esopouoba yuruxi, cano nininuo fadacani na-   
11  xi, tachimachi cho<chacu saxerareta. Corevomotte
12  chiuo fucunde fitoni faqeba, mazzu sono cuchi qega
13  ruto yu<cotoua imacoso vomoixirareta.
14   Arutoqi Esopoga xujin tabiuo xeraruruni voyo>-       
15 de, guenindomoni nimotuo vo>xeraruru tocoroni,  
16  E(s)opo nibuguio<ni yu<ua: soregaxiua mada sayo<no co
17  toni naremaraxenu fodoni, cogaruin niuo cudasareito
18  yu<ta tocorode, buguio<no yu<ua: iya soreni voyo-
19  banu: sochiua tada qitemo daijimonaizoto yu<ta.
20  Saredomo Esopua soreua sarucotode gozaredomo,    
21  fitonamini nanzo mochimaraxeideuato yu<taga, so-
22  coni fio<ro<uo ireta vo>qina niga attauo, Esopo coreuo
23  moto<to iyeba, iya coreua amari vomoi nizoto iye-
24  domo, xiqirini coivqete motta. Soreuo najenito
yu<                

412.     エソポ の 生涯 の こと。

01  食した 人は 必ず 顕れまらしょうずる」と 申
02  せば、その時 主人 エソポが 才幹(さいかん)なことを
03  驚き、かの 二人(ににん)に エソポが所望の 如く 言い
04  つけらるれば、両人の 者ども 思うやうは、
05  ぬる湯をば 飲むとも、喉に 指を さへ 入れず
06  は、苦しかるまじいと 思うて、一杯づつ 引き受け
07  引き受け 飲むに、うそ甘い ものを 食らうた 上なれば、
08  何かは よからう、御前(ごぜん)に 憚るほど吐却 した
09  れば、何の よも無う 化けが 顕れた。その時
10  主人 エソポをば 赦し、かの 二人(ににん)を裸に 為(な)
11  し、たちまち 打擲(ちゃうちゃく) させられた。これをもって
12  「血を 含んで 人に 吐けば、まづ その 口 穢(けが)
13  る」と いうことは 今こそ 思い知られた。
14    ある時 エソポが 主人 旅を せらるゝに 及う
15  で、下人どもに 荷物を おうせらるゝ ところに、
16  エソポ 荷奉行(にぶぎゃう)に 言うは、「某は まだ さやうの こ
17  とに 馴れまらせぬ ほどに、小軽い 荷を 下されい」と
18  言うた ところで、奉行の 言うは、「いや それに 及
19  ばぬ、そちは ただ 来ても 大事もないぞ」と 言うた。
20  されども エソポは 「それは さることで ござれども、
21  人並みに なんぞ 持ちまらせいでは」と 言うたが、そ
22  こに 兵糧(ひゃうりゃう)を 入れた 大きな 荷が あったを、エソポ これを
23  持たうと 言えば、「いや これは 余り 重い 荷ぞ」と 言え
24  ども、しきりに 請い受けて 持った。それを なぜにと
いうに    
註:
412.09 baqe  和らげ03-L-25_27  Baqemono. Qitcune na doga fitoni naru taguy.「化け物。狐 な どが 人に なる たぐい。」


著作権はhanamaが有します。

目録 BACK   NEXT


広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー