ESOPONO FABVLAS.


417.     ESOPO NO XOGAI NO COTO.

01  te yareba, sorecara Esop furoni itte miru tocoroni,
02  sono furo yano mayeni surudona ixiga fitotcu dete at
03  taga, deirino fitono axiuo yaburi, qizuuo tcuqeta-
04  uo arufitoga cano ixiuo totte caxiconi suteta toco-
05  rode, Esopo coreuo mite tachicayette, furoniua
06  tada ychinin ymarasuru to yu<tareba: sunauachi Xan-
07  tho yoroco>de furoni iro<to vomomucaruruni, fitoga
08  cozotte axiuo fumii(r)(e)o>zuru tocoromo nacattaniyot
09  te, Xantho Esoponiicatte iuaruruua: vonoreua furo-
10  ni tada fitori aruto yu<taga, cono cunjuua tcune yori-
11  mo vouoiua nanigotozoto: Esopo cono furoyano
12  iricuchini togatta ixiga atte, deirino fitono atato
13  nattauo taremo torisuteide fitogotoni tcumazzuqi
14  tauoruredomo, cayeriminandauo arufito ychinin qi-
15  tetotte sutetegozareba, chibunno fodono tada ychi  
16  ninna cotouo mo<xitato cotayete vogiaru.
17   Arutoqi Xantho chinsui xite yraruru tocoroye, fito
18  ga qite daicaino vxiuouo fitocuchini nomi tcucusa-
19  ruru michiga aro<cato to>ni, Xantho tayasu< nomo<zu-
20  ruto reo<jo<uo xerareta toqi, sono fitono yu<ua: moxi
21  nomitcucusaxerarezuua nantoto: Xanthoua canara-
22  zu mio<nichi nomo<zu: moximata nomiso(n)zuruni
23  voiteua, ycqeno zaifo>uo cotogotocu mainaini xinjo>
24  zuto iyeba, aitemo sonobun yacusocu xite, tagaini
yubi    

417.     エソポ の 生涯 の こと。

01  て やれば、それから エソポ 風呂に 行って 見る ところに、
02  その 風呂 屋の 前に 鋭(するど)な 石が 一つ 出て あっ
03  たが、出入りの 人の 足を 破り、傷を つけた
04  を ある人が かの 石を 取って かしこに 捨てた とこ
05  ろで、エソポ これを 見て 立ち帰って、「風呂には
06  ただ 一人(いちにん) いまらする」 と 言うたれば、すなわち シャン
07  ト 喜うで 風呂に 入(い)らうと 赴かるゝに、人が
08  こぞって 足を 踏み入(い)りょうずる 所も なかったによっ
09  て、シャント エソポに怒(いか)って 言わるゝは、「おのれは 風呂
10  にただ 一人(ひとり) あると 言うたが、この 群集(くんじゅ)は 常 より
11  も 多いは 何事ぞ」と、エソポ 「この 風呂屋の
12  入口(いりくち)に 尖った 石が あって、出入りの 人の 仇(あた)と
13  なったを たれも 取り捨ていで 人毎(ひとごと)に 躓き
14  倒るれども、顧みなんだを ある人 一人(いちにん) き
15  て取って 捨てゝござれば、知分(ちぶん)の 程の ただ 一(いち)
16  人(にん)な ことを 申した」と 答えて おぢゃる。
17   ある時 シャント 沈酔(ちんすい) して いらるゝ ところへ、人
18  が 来て 「大海(だいかい)の 潮(うしお)を 一口に 飲み 尽くさ
19  るゝ 道が あらうか」と 問うに、シャント 「たやすう 飲まうず
20  る」と 領掌(りゃうじゃう) を せられた 時、その 人の 言うは、「もし
21  飲み尽くさせられずは 何と」と、シャントは 「必
22  ず 明日(みゃうにち) 飲まうず、もしまた 飲み損ずるに
23  おいては、一家(いっけ)の 財宝を 悉く 賂(まいない)に 進じょう
24  ず」と 言えば、相手も その分 約束 して、互いに
指金(ゆびがね)を    
註:



著作権はhanamaが有します。

目録 BACK   NEXT


広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー