ESOPONO FABVLAS.


418.     ESOPO NO XOGAI NO COTO.

01  yubiganeuo toricauaita. Sono fitoga cayerisatte saqe
02  samete nochi, Esopouo maneqiyoxe, miga yubiga-
03  neua doconi aruzoto touarureba, Esopoga yu<ua: co~-
04  n(i)chimadeua cono iyeno vonuxi naredomo, mio<-
05  nichiua nanto naraxerareo>cato yu<te: s(a)(q)(i)no arasoi
06  uo catattareba: Xanthoua vo>qini vodoroite, sate
07  nannto xo>zo? fitoyeni nangini macasuruzo: co-
08  no cotouo nantozo qeiriacu xite miyoto iuareta(r)eba,
09  Esopoga yu<ua: vare cono nanguiuonogaresaxera-
10  reo>zuru cotouo voxiyemaraxo>zu: xicaraba vaga-
11  miuo jiyu<ninasaxerareito: Xanto sonodanua ito ya-
12  sui coto giato yacusocu xite, facaricotouo Esoponi
13  voxiyerare, yocujit caifenni dete, daicaiuo nomo<to
14  araso> fodoni, qenbutno qixen vmino fotorini ichi
15  uo naita. Sonotoqi Xantho vtcuuamononi vxiuouo
16  cunde, co<zani nobotte yu<ua: vare qino>no yacusocu
17  no gotoqu, vmino mizzuuo cotogotocu nomitcucu
18  so<zu: xicaredomo mazzu moromorono cauano na-
19  gareuo xeqitomerarei: sononochi vmiuo cotogo-
20  tocu nomo<zuruto yu<tareba, sonotoqi araso>ta fito
21  ua monjin xite Xanthono aximotoni firefuxi, jefini
22  voyobanu reo>j(i)uo mo<xita, miguino caqemonouo
23  ba goxamen areto tanomuniyotte, sono tocoroni
24  faxeatcumatta banminmo tomoni yurusareito coi
vqu    

418.     エソポ の 生涯 の こと。

01  指金(ゆびがね)を 取り換わいた。その 人が 帰り去って 酒
02  さめて 後、エソポを 招き寄せ、「身が 指金
03  はどこに あるぞ」と 問わるれば、エソポが 言うは、「こん
04  にち迄は この 家の お主(ぬし) なれども、明(みゃう)
05  日(にち)は 何と ならせらりょうか」と 言うて、先の 争い
06  を 語ったれば、シャントは 大きに 驚いて、「さて
07  何と しょうず? ひとえに 汝に まかするぞ、こ
08  の 事を 何(なん)とぞ 計略 して みよ」と 言われたれば、
09  エソポが 言うは、「我 この 難儀を遁れ させら
10  りょうずる ことを 教えまらしょうず、しからば 我が
11  身を 自由になさせられい」と、シャント 「その段は いと 易
12  い ことぢゃ」と 約束 して、謀(はかりこと)を エソポに
13  教えられ、翌日 海辺(かいへん)に 出て、大海を 飲まうと
14  争う ほどに、見物の 貴賤 海の ほとりに 市(いち)
15  を ないた。その時 シャント 器ものに 潮を
16  汲んで、高座に 上(のぼ)って 言うは、「我 昨日(きのう)の 約束
17  の 如く、海の 水を 悉く 飲み尽く
18  さうず、しかれども まづ 諸々(もろもろ)の 川の
19  流れを 堰き止められい、その後(のち) 海を 悉
20  く 飲まうずる」と 言うたれば、その時 争うた人
21  は 問訊(もんじん) して シャントの 足元に ひれ伏し、「是非に
22  及ばぬ 聊爾(りょうじ)を 申した、右の 賭けものを
23  ば ご赦免 あれ」と 頼むによって、その ところに
24  馳せ集まった 万民も ともに 「赦されい」と 乞い
受(う)くるに    
註:
418.14 vmino fotorini うみのほとりに (海のほとりに) web版では vminofodorini うみのほどりに とある。

著作権はhanamaが有します。

目録 BACK   NEXT

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー