ESOPONO FABVLAS.


455.     ESOPO NO FABVLAS.

01  no vreini tayezu, xucunnite maximasu tcuru voyado
02  ni cayeraxerarureba, sono atoni yonayona te~ye cainai
03  vramiuo na(i)te saqebu.

04               Xitagocoro.

05    Fitogotoni to<jino xujinno nhu<uanauoba vocubio<
06  de yacuni tatanuto iy, bufenxauo q(i)tcuito yu<te
07  iyagari, mayenouo fomete, to<jinouoba soxiri vra-
08  muru mono gia.

09          Tobito, fatono coto.

10    Fatodomoga muragari yru tocoroni tobiga qite
11  tcucami coroso<tono fujeigiani yotte, cono guiuo cu-
12  chiuoxu< vomoi, tacano cataye ytte yu<ua: connichiyo
13  ri gofenuo xujinto vyamauo<zuru: cano tobito yu<
14  ua iyaxij buto<jinga varerauo anadori iyaximureba, ta
15  nomitatematcuruto yu<ni yotte, tacaua cono coto sai
16  uaigiato yorocobi, fatoni muco<te yu<ua: itoyasui gui
17  gia: isogui vaga cataye voriareto yu<te, fitotcumo no
18  cosazu tcucamicoroita. Sonotoqi aru fato susumi-
19  dete mo<xitaua: fajime tobicara vqeta chijocuua mo-
20  nonocazudemo nai : cono vofacaraiua xiccai metbo<
21  no motoi naredomo, jigo> jimetno vaza nareba, ima-
22  sara fitouomo, youomo vramuru cotoua naito yu<te
23  xindato miyeta.
Xi-    

455.     エソポ の ハブラス。

01  の 憂いに 堪えず、主君にて まします ツル お宿
02  に 帰らせらるれば、その 後(あと)に 夜な夜な 天へ 甲斐ない
03  恨みを 為いて 叫ぶ。

04               下心。

05   人毎(ひとごと)に 当時の 主人の 柔和なをば 臆病
06  で 役に 立たぬと 言い、武辺者(ぶへんしゃ)を きついと 言うて
07  嫌がり、前のを 誉めて、当時のをば 謗り 恨
08  むる もの ぢゃ。

09          トビと、ハトの こと。

10   ハトどもが 群がり 居る ところに トビが 来て
11  掴み 殺さうとの 風情ぢゃに よって、この 儀を
12  口惜しゅう 思い、タカの 方(かた)へ 行って 言うは、「今日よ
13  り 御辺(ごへん)を 主人と 敬わうずる、かの トビと いう
14  は 卑しい 無道人(ぶたうじん)が 我らを 侮り 卑しむれば、
15  頼み奉る」と 言うに よって、タカは この こと
16  幸いぢゃと 喜び、ハトに 向かうて 言うは、「いと易い 儀
17  ぢゃ、急ぎ 我が 方へ おりゃれ」と 言うて、一つも
18  残さず 掴み殺いた。その時 ある ハト 進み
19  出て 申したは、「はじめ トビから 受けた 恥辱は
20  物の数でも ない、この お計らいは 悉皆(しっかい) 滅亡
21  の 基い なれども、自業 自滅の 業(わざ) なれば、今
22  更 人をも、世をも 恨むる ことは ない」と 言うて
23  死んだと みえた。

註:
455.05 人毎(ひとごと) 「だれも皆」という意味。

445.05 当時 「現在」という意味。

445.20  悉皆(しっかい) 「すべての」という意味

著作権はhanamaが有します。

目録
 BACK   NEXT


広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー