ESOPONO FABVLAS.


462.     ESOPO NO FABVLAS.

01  no giu<zai giani yotte, connichiyori cho>ruino ychi-
02  monuo fassuru zoto yu<te, torino yxo<uo faguit(o)ri, fa-
03  cuchu<ni faiquai suru cotomo yurusarezu, yo<yo< ca-
04  rai inochi bacariuo tasucatte tajxut xita.

05               Xitagocoro.

06    Ychizocuno nacauo fanarete, tenca, coccauo ata-
07  yo>to yu<tomo, teqifo<ni tcuquna. Tatoi yttan yei-
08  guani focorucoto arito yu<tomo, tcuiniua teqifo<no
09  cocoronimo suginai monoto vomouo<zu: sonovye
10  xidaini michimo xebo< nari, mino voqidocoromo aru
11  (m)aito yu< gui gia.

12          Xicano coto.

13    Aru xica suife~ni dete mizzuuo nomuni, vonorega
14  cagueno mizzuni vtcuttauo mite vomo>yo<ua: sate
15  vagatcunono quabocu riqenno yo<ni miyurumono,
16  mata yoni arubeo>mo voboyenuto jiman xi: mata
17  yotcuno axino cagueno monoyouagueni, xicamo
18  fizzumeno vareta teiuo mite, satemo vaga yotcu-
19  axiua tanomoxiguenai youai micana! caxiraua cata-
20  qu, axiua youai teiuo nanini nitazoto vareto anji vaz
21  zuro<te ytatocoroni, fitono quru votoga suruni yotte,
22  auate sauaide yamani ittaga, nanto torifazzuitaca
23  tcunouo xiguerini ficcaqete, nuqisaximo canauaide,
24  sudeni ayavytoqi, xica fitorigoto xite yu<ua: cono
nan-    

462.     エソポ の ハブラス。

01  の 重罪 ぢゃに よって、今日(こんにち)より 鳥類の 一
02  門を 破(は)っする ぞ」と 言うて、鳥の 衣装を 剥ぎ取り、
03  白昼に 徘徊 する ことも 許されず、やうやう
04  辛(から)い 命 ばかりを 助かって 退出 した。

05               下心。

06   一族の 中を 離れて、天下、国家を 与
07  ようと いうとも、敵方(はう)に 付くな。たとい 一旦 栄
08  華に 誇ること ありと いうとも、ついには 敵方の
09  心にも 筋ない 者と 思わうず、その上
10  次第に 道も 狭(せば)う なり、身の 置き所も ある
11  まいと いう 儀 ぢゃ。

12          シカの こと。

13   ある シカ 水辺(すいへん)に 出て 水を 飲むに、おのれが
14  影の 水に 映ったを 見て 思うやうは、「さて
15  我が角の 佳木(かぼく) 利剣(りけん)の やうに 見ゆるもの、
16  また 世に あるびょうも 覚えぬ」と 自慢 し、また
17  四つの 脚の 影の もの弱気に、しかも
18  蹄の 割れた 体(てい)を 見て、「さても 我が 四つ
19  脚は 頼もし気ない 弱い 身かな!  頭(かしら)は 堅
20  く、脚は 弱い 体を 何に 似たぞ」と 我と 案じ 煩(わづ)
21  らうて いたところに、人の 来る 音が するに よって、
22  慌て 騒いで 山に 入(い)ったが、何と 取り外いたか
23  角を 茂りに 引っ掛けて、抜き差しも 叶わいで、
24  すでに 危うい時、シカ 独り言 して 言うは、「この
難に    
註:
462.15 quabocu かぼく(佳木) 「美しい木という意味」 東洋文庫には、「花木」とある。


著作権はhanamaが有します。

目録
 BACK   NEXT

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー