ESOPONO FABVLAS.


464.     ESOPO NO FABVLAS.

01  fo>co>ni yudan arumaito yu<te, sucoximo vocotarino<
02  tcucayeta.

03               Xitagocoro.

04    So>jite guero< no<te, jo<ro<mo naqu, muno>na mono
05  ga no<teua, no>jano tatcucotomo nai.

06          Pastor to, vo>cameno coto.

07    Arufito vo>cameuo coroso<tote, voicaqete yuquni,
08  nanto xitaca, vo>cameua aru xigueriniitta: xitauo so
09  no fotorini yyo<ta Pastor cono vo>cameno cacureta to
10  corouo yo> mitani yotte, vo>came sono fitono maye
11  ni qite yu<ua: icani Pastor qicoximexe, varefodo fu-
12  vnna monoua matamo gozarumai: tadaima cacu-
13  reta tocorouo fitobito to>tomo arauaite cudasa(r)enato
14  inguinni tano>da. Pastor vo<, naniyori yasui coto giato
15  samo tanomoxigueni yacusocu xita. Vo>came core
16  uo macototo cocoroye, sono cotobani ando xite ca
17  curefuita tocoroni, cariu<do qite, sono fotoriuo taz
18  zunuruni, Pastormo coreuo cuqio<no miguiri giato
19  vomoi, cotobadeua sodemo nai tocorouo voxiye,
20  manacovomotte fuxidocorouo voxiyeta. Saredo-
21  mo cariu<do Pastorno mezzucaiuo mixiraide aranu
22  tocoroye sugui yuitareba, vo>came yetari caxicoxi
23  to socouo niguesatta. Sononochi cano vo>cameni
24  Pastor yuqiyo<te, satemo xendoua ayavy inochiuo
va    

464.     エソポ の ハブラス。

01  奉公に 油断 あるまい」と 言うて、少しも 怠り無う
02  仕えた。

03               下心。

04    そうじて 下臈(げらう) 無うて、上臈も 無く、無能な 者
05  が 無うては、能者(のうじゃ)の 立つことも ない。

06          パストル と、オウカメの こと。

07    ある人 オウカメを 殺さうとて、追いかけて 行くに、
08  なんと したか、オウカメは ある 茂りに入(い)った、したを そ
09  の ほとりに 居合(や)うた パストル この オウカメの 隠れた
10  所を よう 見たに よって、オウカメ その 人の 前
11  に 来て 言うは、「いかに パストル 聞こし召せ、我ほど 不
12  運な 者は 又も ござるまい、ただいま 隠
13  れた 所を 人々 問うとも 顕わいて 下されな」と
14  慇懃に 頼うだ。パストル 「わう、何より 易い こと ぢゃ」と
15  さも 頼もし気に 約束 した。オウカメ これ
16  を まことと 心得、その 言葉に 安堵 して
17  隠れ伏いた ところに、狩人 来て、その ほとりを 尋
18  ぬるに、パストルも これを 究竟(くきゃう)の みぎり ぢゃと
19  思い、言葉では そでも ない 所を 教え、
20  眼(まなこ)をもって 伏しどころを 教えた。されど
21  も 狩人 パストルの 目使いを 見知らいで あらぬ
22  所へ 過ぎ 行(ゆ)いたれば、オオカメ 得たり 賢し
23  と そこを 逃げ去った。その後(のち) かの オウカメに
24  パストル 行き逢(や)うて、「さても 先度(せんど)は 危うい 命を

註:
464.16  ando  和らげ02-L-10_14  
Ando suru. Motono chiguio<ni cayeru coto. I. qizzucaino noita coto.
安堵 する。元の 知行に かえる こと。 気遣いの 退いた こと。」

著作権はhanamaが有します。

目録 BACK   NEXT
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー