ESOPONO FABVLAS.


472.     ESOPO NO FABVLAS.

01               Xitagocoro.

02    Tacaburu monoua gaixerare, xitago< monoua c(a)-
03  yette tauo xeisuruzo.

04          Daicaito, yajinno coto.

05    Arutoqi yajin caifenni dete, vmino midorino nago
06  yacanauo mireba, amatano quaixenga figaxicara nixi
07  ni yuqumo ar(i), camomeno isagoni ynuo qizamumo
08  ari, yeni caqutomo, fudenimo voyobanu qeiqini jo>
09  jite, cocoroni vomo> yo<ua: satemo vareraga vaza fo-
10  do monovy cotoua arumajii: sanyauo iyenixi, de~
11  bacuni axeuo nagaxi, co>riuo tagayexi, ameuo vyu
12  rucotoua cayo<no reo>qenuo vaqi(m)ayenu yuye gia.
13  Tadaimacar(a) yxxeqiuo coqiacu xite, funeno vyeno
14  aqinaiuo suruniua xiqumajijto vomo>te, no>gu, v-
15  xi, vmauo vtte, sono satono cuxigaqiuo caitotte, 
16  minatoni cudatte, tocaino binxenuo yete, mucai
17  no cunini vataru tocorode, niuacani taifu<ga fuite qite
18  funeuo cutcugayeso<to sureba, xenchu<no nimotuo
19  cotogotocu torisutete, yo<yo< carai inochi bacariuo
20  iqete cayetta. Xibaracu xite nami cajemo faya voda-
21  yacani nari, caixo<mo yu<yu<to xitauo mite, vmini
22  muco(<)te x(i)catte yu<ua: icani daicai yo> qiqe, arufo-
23  dono cuxigaqiua mina nangini atayetcu, mata saqino
24  gotoqu vadacamatte miuo tabacarutomo, futatabi
cuxi-    

472.     エソポ の ハブラス。

01               下心。

02   高ぶる 者は 害せられ、従う 者は か
03  えって 他を 制するぞ。

04          大海と、野人の こと。

05   ある時 野人 海辺(かいへん)に 出て、海の みどりの 和
06  やかなを 見れば、あまたの 廻船が 東から 西
07  に 行くも あり、カモメの 砂(いさご)に 印(いん)を 刻むも
08  あり、絵に 書くとも、筆にも 及ばぬ 景気に 乗
09  じて、心に 思う やうは、「さても 我らが 業(わざ) ほ
10  ど 物憂い ことは あるまじい、山野を 家にし、田(でん)
11  畠(ばく)に 汗を 流し、氷(こうり)を 耕(たがえ)し、雨を 植ゆ
12  ることは かやうの 了見を わきまえぬ 故 ぢゃ。
13  ただいまから 一跡(いっせき)を 沽却(こきゃく) して、船の 上の
14  商いを するには しくまじい」と 思うて、農具、ウ
15  シ、ウマを 売って、その 里の 串柿を 買い取って、
16  港に 下って、渡海(とかい)の 便船を 得て、向かい
17  の 国に 渡る ところで、俄かに 大風(たいふう)が 吹いて きて
18  船を 覆さうと すれば、船中の 荷物を
19  ことごとく 取り捨てて、やうやう 辛い 命 ばかりを
20  生けて 帰った。しばらく して 波 風も はや 穏
21  やかに なり、海上(かいしゃう)も ゆうゆうと したを 見て、海に
22  向かうて 叱って 言うは、「いかに 大海(だいかい) よう 聞け、あるほ
23  どの 串柿は 皆 汝に 与えつ、また 前(さき)の
24  如く わだかまって 身を たばかるとも、再び

註:
472.08 景気 「景色」のこと。


著作権はhanamaが有します。

目録 BACK   NEXT

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー