ESOPONO FABVLAS.


480.     ESOPO NO FABVLAS.

01  goncani fitocara mixirarete fagini voyo>de xirizoco<
02  zu.

03          Vmato, robatono coto.

04    Arufito robato, vmatoni niuo vo>xete yuquga, ro
05  bano nimotga amarisuguite, saqiye yuqitcuco< yo<mo
06  naqereba, robacara vmani vabicotouo xite yu< yo<ua:
07  sonatato, vareua ychimonde, sottono co<guevomotte
08  fedatatta: vaga nimotga amari suguite, fitoaximo
09  fico<zuru yo<ga nai: sucoxi sonatano vyeni tcuqete
10  vareuo tasuqerarei caxito: Vmaua icco< xo>in xeide,
11  qeecu vo>qini azaqette saqiye yttareba, robaua chica
12  rani voyobaide, tcuini tauorete xinda. Socode cono
13  vmavoiua xo>cotoga no<te, robani tcuqeta nimotuomo
14  cotogotocu vma yppiqini toritcuqete, amassaye roba
15  no cauauomo faide vmani vo>xe(t)e yuqu tocorode,
16  sonotoqi vmaua vaga guchi naru cotouo cayerimi,
17  saqini robano vabita toqi, sotto co<riocu xitaraba, core
18  fodono vomoniua motcumajij monouoto cuyame-
19  domo yeqiga nacatta.

20               Xitagocoro.

21  Rino co>zuruua fino ychibaito yu<te, do<riuo xo>in
22  xenu monoua, canarazu fibunno gaini auaide canaua
23  nu mono gia.


480.     エソポ の ハブラス。

01  言下(ごんか)に 人から 見知られて 恥に 及うで 退かう
02  ず。

03          ウマと、ロバとの こと。

04    ある人 ロバと、ウマとに 荷を 負うせて 行(ゆ)くが、ロ
05  バの 荷物が 余り過ぎて、先へ 行き着かう やうも
06  無ければ、ロバから ウマに 詫言(わびこと)を して 言う やうは、
07  「そなたと、我は 一門で、そっとの 高下(かうげ)をもって
08  隔たった、我が 荷物が 余り 過ぎて、一脚(ひとあし)も
09  引かうずる やうが ない、少し そなたの 上に 付けて
10  我を 助けられい かし」と、ウマは 一向 承引(しょういん) せいで、
11  結句 大きに 嘲って 先へ 行ったれば、ロバは
12  力に 及ばいで、遂に 倒れて 死んだ。そこで この
13  馬追(うまお)いは しょうことが 無うて、ロバに 付けた 荷物も
14  ことごとく ウマ 一匹に 取り付けて、剰(あまっさえ) ロバ
15  の 皮をも 剥いで ウマに 負うせて 行く ところで、
16  その時 ウマは 我が 愚痴 なる ことを 顧み、
17  「さきに ロバの 詫びた 時、そっと 合力(かうりょく) したらば、これ
18  ほどの 重荷は 持つまじい ものを」と 悔やめ
19  ども 益が なかった。

20               下心。

21   理の 高ずるは 非の 一倍と いうて、道理を 承引(しょういん)
22  せぬ 者は、必ず 非分の 害に 遇わいで 叶わ
23  ぬ もの ぢゃ。


著作権はhanamaが有します。

目録 BACK   NEXT

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー