古活字版 伊曽保物語 変体仮名

01 古となら須人あ川ていんふつを佐ゝ連介れ八たから
02 尓目越くらして理を非尓満具る事是お本し可流可
03 故によくふ可け連は可いをやふ利津見を徒く利身
04 を本路保春物也とそみえ介利古連を於もへ
05    三十  人の心乃さ多満らぬ事
06 あ流翁市に出て馬をうらんと思ひ親子つ連てそ
07 出多利介流馬をさ支にたてゝおや子跡に具るし
08 遣尓あゆむ本とに道行人古連を見て阿な於可し
09 乃於き奈の志わさや馬をもちては乃らん可多め也
10 馬をさ支にたてゝ主八あと丹あゆむ事八可き乃
11 目尓水のみえぬと以ふ毛此事尓やといひてとを里

【イソホ 下 丗三】

12 け連八翁介尓もとや思ひ遣ん王可支者なれ八く多
13 ひ連やするとてわ可子を乃世て我八あと尓そつ支
14 尓遣る又人古連を三て是なる人をみ連八さ可ん成
15 物八むま尓の利て翁八かちよ利ゆくとて笑け連者
16 又子越を路して於幾奈乃利ぬ又申介累八こ連奈る
17 人をみ連八於や子とみえ介流可あとなるこ八毛つ
18 て乃外く多ひ連たる阿利さ満な利かゝ流たくまし
19 きむまにの里な可ら於やこひと川耳の里も世て
20 く多ひれ介流八於可しさよといひけ連八け尓もと
21 てわ可こを志利む満尓乃世介利可くて行本と尓
22 む満やう屋く具たひ連け連八ま多人の申介流八
古活字版 伊曽保物語 現字体仮名

01 ことならす人あつていんふつをさゝれけれはたから
02 に目をくらして理を非にまくる事是おほしかるか
03 故によくふかけれはかいをやふりつみをつくり身
04    をほろほす物也とそみえけりこれをおもへ
05    三十  人の心のさたまらぬ事
06 ある翁市に出て馬をうらんと思ひ親子つれてそ
07 出たりける馬をさきにたてゝおや子跡にくるし
08 けにあゆむほとに道行人これを見てあなおかし
09 のおきなのしわさや馬をもちてはのらんかため也
10 馬をさきにたてゝ主はあとにあゆむ事はかきの
11 目に水のみえぬといふも此事にやといひてとをり

【イソホ 下 丗三】

12 けれは翁けにもとや思ひけんわかき者なれはくた
13 ひれやするとてわか子をのせて我はあとにそつき
14 にける又人これをみて是なる人をみれはさかん成
15 物はむまにのりて翁はかちよりゆくとて笑けれは
16 又子ををろしておきなのりぬ又申けるはこれなる
17 人をみれはおや子とみえけるかあとなるこはもつ
18 ての外くたひれたるありさまなりかゝるたくまし
19 きむまにのりなからおやこひとつにのりもせて
20 くたひれけるはおかしさよといひけれはけにもと
21 てわかこをしりむまにのせけりかくて行ほとに
22 むまやうやくくたひれけれはまた人の申けるは
下目録2 戻る 次へ
著作権はhanamaが有します。


広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー